便秘の苦しみをなくす3つの方法

私は以前、便秘がちな上に冷え性でした。
便秘になったら、市販の便秘薬に頼るというような生活をしていました。
しかし、便秘薬に毎回頼ることで腸の働きが余計に悪くなるということを知ってからは、なんとか便秘を改善しようと試みました。
私が試した方法をご紹介いたします。

1、早歩きのウォーキングを毎日30分する。

ウォーキングをすることで、体の運動機能もあがりますし、血行が断然よくなるので、冷え性改善に役立ちます。
歩くと腸に振動がいくので腸の運動も活発になります。
それから、ウォーキングのおまけの効果として、ストレス発散になるというのも良い点でした。

2、食物繊維とヨーグルトとはちみつをとる。

食事には、野菜サラダや、野菜の煮物、野菜いっぱいスープなどを必ず取って、食物繊維を摂取するように心がけました。
更に、家族とはべつに、自分だけ、玄米を主食にしました。
玄米を炊くときに一緒に小豆を入れると、さらに、食物繊維を取ることができます。
それから、おやつにヨーグルトとはちみつ、大根おろしを混ぜたものを毎日食べました。
これは、テレビで専門家の方が便秘のタレントさんに紹介していた便秘解消フードです。
番組ではこのヨーグルトとはちみつと大根おろしの組み合わせが不人気だったようですが、私には、おいしく感じます。
まずは一度試してみることをお勧めします。

3、フラフープの真似っこ運動

腰をぐるぐる回すことで、腸の動きが活発になります。
フラフープは難しいのですが、フラフープをつけているような感じで腰を左右にぐるぐると回すと効果的です。
腰を回す際は、痛めたりしないように、優しく回して、自分のできる範囲で腸に刺激を与えるのがお勧めです。

以上の3つを毎日続けることで私は、今ではお薬いらずで便通があるようになりました。
血行が良くなったせいで、冷え性も便秘と共に解消されました。

以上の3つが便秘で苦しんでいる方にぜひおすすめな方法です。

お腹を温めるってすごく大切!

最近では普段は特にお通じに悩むことのない私ですが、生理前の時期になると便秘がちになります。
それが理由で痔になったりもします。

特に冬場はひどいです。寒いし、水分を夏ほどとらないので余計便秘になるんだと思います。
婦人科に行っても結局「対処療法しかないんですよね。生理前だけつかうようにしてください」と、薬と注入軟膏をもらう日々でした。

加えて私は冷え症もひどいんです。朝は低体温で、36度を切ることも。
低体温は身体によくないと知り、悩んでいました。

そこで私が体質改善のために導入したのが、腹巻きです。
特におすすめなのが、ウンナナクールというブランドの切り売りハラマキという商品です。
この腹巻きは、自分の好きなサイズにカットしてもらえるうえに、薄手なので着膨れしません。

モコモコした腹巻ってかわいいのもありますけど、外出時は着膨れするのでなかなか巻けなかったりしますが、切り売りハラマキは薄手なので、普段の服の下にこっそり巻いても全く違和感がありません。
冬用の素材のものだとよりあたたかいです。
しかもやすいんです。長さによって値段が変わりますが、おそらく普通の腹巻を一枚買う値段で、切り売りハラマキは二枚は買えると思います。
ジーンズなどをはいているときにかがむと、背中が丸見えになったりしてしまうことあるじゃないですか。
ああいう恥ずかしい状態も予防できるのもいいです。

実際お腹が冷えづらくなりました。それによって、低体温も徐々に改善されつつあります。
便秘もましになってきました。
もちろん、食物繊維が多いものをとる、刺激物を控えめにするなど食事にも気を使っていますが、腹巻をすることでさらに効果がアップしたように思います。
巻くだけで楽ちんですし、ためしてみてほしいです。

乳酸菌を毎日摂りたいのなら

毎日手軽に乳酸菌を摂取できるサプリメントが人気です。
赤ちゃんがいるママでも安心して飲めるサプリを紹介しているので参考にしてみてくださいね。

⇒ 授乳中もこれなら安心♪人気の乳酸菌サプリBESTランキング